« 川の塀 | トップページ | 道 »

2024年2月 5日 (月)

安田徳太郎の訳の「精神分析入門」を読みはじめる

Img_19302

高橋義孝と下坂幸三の共訳の『精神分析入門』を読み終わった。が家にもう一冊の『精神分析入門』があった。本棚のいちばん端に安田徳太郎訳の『精神分析入門』があった。気がつかなかった。下巻だけだが読んでみようと思う。

高校を卒業するときに先生から贈ってもらったものが、下巻だけ残っていたのか、1990年代の初め頃に西荻窪の本屋で買ったものが残っているのか、よく思い出せない。しかしとにかく読んでみよう。

訳者が変わればまた「精神分析入門」も変わってくる。なにか新しいヒントを与えてくれるかもしれない。

« 川の塀 | トップページ | 道 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 川の塀 | トップページ | 道 »