« 藤沢周平「消えた女」 | トップページ | 椿 »

2024年2月12日 (月)

ヘーゲル「哲学史講義Ⅰ」から

Img_19372

「自立的に存在するこの普遍的な思考は、しかしやはり、個別的なものにたいして明確に対立する。いいかえれば思想は存在にたいして明確に対立する。するとそこで、普遍的なものと個別的なものがどのようにして絶対的に統一されるかが哲学的に思索されねばならないはずですが、」

« 藤沢周平「消えた女」 | トップページ | 椿 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 藤沢周平「消えた女」 | トップページ | 椿 »