« サツマイモと柿 | トップページ | 一枚の葉 »

2023年12月 6日 (水)

ヘーゲル「哲学史講義Ⅰ」から

Img_1825

「アテネもまた民主制国家でしたが、その民主制はスパルタよりも純粋だった。市民各自が共同体の一員として、法律ないし国家との一体感を抱いていましたが、同時にまた、各人の個性や精神や思想が尊重されて、自分を生かし、自分を表現し、自分なりにふるまうことが個人にゆるされていました。共同体にそうした原理があるからこそ、個人の自由が偉大なすがたをあらわす。」

« サツマイモと柿 | トップページ | 一枚の葉 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« サツマイモと柿 | トップページ | 一枚の葉 »