« チャーリー・ワッツ死す | トップページ | モーツァルトのレコード »

2021年8月26日 (木)

小野一光「人殺しの論理 凶悪殺人犯へのインタビュー」

Img_0623

尼崎連続殺人事件の犯人のひとりの、首謀者の女によって「疑似家族」に組み込まれ、犯人の一人となってしまった女への取材が載っているので、読んでみることにした。

小野一光という人の本を読むのは、この本が二冊目だが取材エッセイストという感じだ。

 

正直に言って死刑に値する行為はあると思う。

 

 

 

« チャーリー・ワッツ死す | トップページ | モーツァルトのレコード »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« チャーリー・ワッツ死す | トップページ | モーツァルトのレコード »