« 「火の鳥」読み終わる | トップページ | 夢中になって観た「オリヲン座からの招待状」 »

2018年6月22日 (金)

ひさしぶりに宇多田ヒカルのレコードをかけた

Cimg0072

 日本語の歌もいいな。

 「敵」がいたんだな。

 宇多田ヒカルのもつ<暗さ>というものには興味深いものがあるな。

 日本の音楽を代表する存在のもつ<暗さ>だからな。岡林信康にも友部正人にもこういった暗さはなかった。美空ひばりにもない。何だろう。

 森田童子にはあったな。森田童子が抱えていたのは<時代の暗さ>だろう。宇多田ヒカルが抱えているのは<生来の暗さ>か。

« 「火の鳥」読み終わる | トップページ | 夢中になって観た「オリヲン座からの招待状」 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ひさしぶりに宇多田ヒカルのレコードをかけた:

« 「火の鳥」読み終わる | トップページ | 夢中になって観た「オリヲン座からの招待状」 »