« 「トゥルー・グリット」 | トップページ | 朝の空 »

2011年4月20日 (水)

「つかこうへい」

20110330_cimg1124

 雑誌で面白いのが文藝別冊の『つかこうへい』(河出書房新社)。

 唐十郎の談エッセイから始まって扇田昭彦の論文エッセイまで読んだ。いまのところ全部読んでいる。充実している。

 つかこうへいの芝居はとうとう観ずじまいだった。観るべきだったと今いっても仕様がない。

 つかこうへいがでてきた70年代、つかこうへいのことを知っても、ぼくは興味をもたなかっただろうと思うが、90年代以降なら観にいっててもよかったように思う。なぜか観に行かなかった。

« 「トゥルー・グリット」 | トップページ | 朝の空 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「つかこうへい」:

« 「トゥルー・グリット」 | トップページ | 朝の空 »