« 写真を観にいく | トップページ | 雲が多いが晴れそうな気配 »

2008年12月 4日 (木)

晴れ

 晴れ。快晴。雲ひとつない。

 

 喫茶店のテーブルに『ドストエフスキイの生活』と『荒地の恋』の2冊を置く。

 『ドストエフスキイの生活』のほうがすっきりする。しかし小林秀雄への自信値がゼロちかく落ちているので、『荒地の恋』を読みはじめる。

 北村太郎は田村隆一の妻明子と小さなアパートで暮しはじめる。

 せまい風景を歩いているような息苦しさから、ごくふつうの風景にすすんだような印象だ。

 北村太郎は詩を書く男らしい生活を始める。だがふと立ち寄った本屋で娘の優有子が文芸誌のなかの自分の詩をさがしているところを見てしまう。北村太郎は身体をよじるようにして本屋をでていく。

« 写真を観にいく | トップページ | 雲が多いが晴れそうな気配 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 晴れ:

« 写真を観にいく | トップページ | 雲が多いが晴れそうな気配 »