2024年6月16日 (日)

白土三平「カムイ伝」第二部 第13巻

Img_21072

白土三平の「カムイ伝」、何年かごとに読んでいる。

2024年6月15日 (土)

柿の実

Img_21042

だんだんと大きくなる。

2024年6月14日 (金)

キンカン

Img_21012

なつかしいな。

2024年6月13日 (木)

すり鉢

Img_21002

大きなすり鉢。ゴマをするぐらいしか思いつかないが、

ゴマをするには大きすぎる。何に使ったのだろう。

2024年6月12日 (水)

玉ねぎの収穫

Img_2099

2024年6月11日 (火)

庭の花

Img_20982

2024年6月10日 (月)

Img_2097

2024年6月 9日 (日)

清水博司「せせらぎさがし」

Img_20962

ぼくと同世代の人の詩集。

ぼくはもう昔と同じ体勢ではないが、清水博司は勢いが残っている。

そこからくる独特の硬さがある。

親近感を持った詩があった。

全部で23編の詩集。23編というのは一番よみやすい編数だろう。

2024年6月 8日 (土)

雨の滴を持つ花

Img_20952

2024年6月 7日 (金)

玉ねぎを食べる

Img_2094

«ヘーゲル「哲学史講義Ⅱ」から